出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 我欲・私心のないこと。無心であること。また、そのさま。「無我の愛」「無我の境地」

    1. 「―ナ人」〈日葡

  1. (梵)anātmanの訳》仏語。万物に内在し常恒不変である実体などは存在しないということ。

出典:青空文庫

出典:gooニュース