出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 以前の出来事・経験などについての話。むかしがたり。むかしものがたり。「今ではすっかり―になった」

  1. 民俗学で、口承文芸の一。子供に語って聞かせるたぐいの、空想的な世界を内容とする話。ふつう、「むかしむかし、ある所に」などの句で始まる。「桃太郎」「舌切り雀」「かちかち山」など。

出典:青空文庫

出典:gooニュース