出典:デジタル大辞泉(小学館)

遠行の外出・旅行・狩猟の際に両足の覆いとした布帛 (ふはく) や毛皮の類。中世の武士は騎馬遠行の際の必需品とし、シカの皮を正式として腰から足先までを覆う長いものを着用した。現在も流鏑馬 (やぶさめ) の装束に使用。