出典:デジタル大辞泉(小学館)

    1. ㋐ムクドリ科の鳥。全長24センチくらい。くちばしと脚が橙黄色、背面は黒褐色で、顔に不規則な白斑があり、飛ぶと白い腰が目立つ。大群をつくり、リャーリャーと鳴く。昆虫や果実を食べる。日本では大部分が留鳥。白頭翁。むく。 秋》「―のこぼれ残りし梢かな/立子

    2. ㋑スズメ目ムクドリ科の鳥の総称。旧大陸に百数種が分布。コムクドリ・ホシムクドリなどや九官鳥が含まれる。

  1. 田舎から都会に出て来た人をあざけっていう語。おのぼりさん。

    1. 「町からは毎日毎日ポン引 (ぴき) が―を引張って来る」〈漱石・坑夫〉

出典:青空文庫