出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]妨げのないこと。何ものにもとらわれないこと。また、そのさま。「融通無碍
  • 「―な、それ故、ひとしお魂にしみる哀感で」〈宮本伸子

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫