出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 冷淡なさま。すげなく。そっけなく。「相手の懇願を無下に拒む」

  1. 度外れなさま。むやみに。やたらに。

    1. 「たれの子とも知れぬものを、―めでいつくしんで居ったげでござる」〈芥川・奉教人の死〉

  1. まったく。すっかり。

    1. 「聞こえさせてもかひなき物ごりにこそ―くづほれにけれ」〈・賢木〉

  1. (打消しの語を伴って)ちっとも。全然。

    1. 「顔―知るまじき童 (わらは) ひとりばかりぞ、率 (ゐ) ておはしける」〈・夕顔〉