出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1547~1618]桃山時代の画家。肥前の人。雲谷派の始祖。初め絵師として毛利氏に仕え、のち雪舟ゆかりの雲谷庵を継ぎ、雪舟の画風復興のために活躍。山水・人物を得意とした。作品では、京都大徳寺黄梅院の方丈襖絵 (ふすまえ) が有名。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉