出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。三界の一。色界の上にあり、肉体・物質から離脱して、心の働きである受・想・行・識の四蘊 (しうん) だけからなる世界。さらに四天に分けられ、その最上の非想非非想天を有頂天ともいう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉