出典:デジタル大辞泉(小学館)

《冬眠中の虫を穴から誘い出す雷の意》立春後、初めて鳴る雷。はつかみなり。むしだし。 春》

「残る物とて松の風さびしく、―響き渡り」〈浮・五人女・四〉