出典:デジタル大辞泉(小学館)

タヌキモ科の多年生の食虫植物。高山の湿地に生え、高さ5~15センチ。葉は根元から数枚出て長楕円形。葉の縁が内側に巻き込み、表面には粘液を分泌する腺毛が密にあり、虫を捕らえる。夏、花茎を伸ばし、紫色のスミレに似た花を開く。 夏》