出典:デジタル大辞泉(小学館)

虫の鳴く声。特に、秋の虫にいう。 秋》「―に折々わたる嵐かな/青蘿」
地歌・箏曲 (そうきょく) の曲名。明和・安永(1764~1781)ごろ、藤尾勾当作曲。歌詞は謡曲「松虫」などにより、手事 (てごと) に虫の声を表す旋律がある。松虫。