出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]仏語。
  1. 《「無自性」の略》実体のないこと。

  1. 《「無仏性」の略》仏性のないもの。悟りを開く素質のないもの。⇔有性 (うしょう) 

[名・形動ナリ]分別のないこと。理性のないこと。また、そのさま。
    1. 「朝精進をして、昼からは―になって」〈浮・三所世帯〉