出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸末期から明治にかけて、各地の開港場で、輸出入品の監督、関税の徴収などを取り扱った役所。現在の税関にあたる。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉