出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]
  1. 無邪気であること。また、そのさま。「無心の勝利」「無心な子供」

  1. 意志・感情などの働きがないこと。「無心の草木」

  1. 仏語。

    1. ㋐心の働きが休止していること。

    2. ㋑一切の妄念を離れた心。⇔有心 (うしん) 

  1. 和歌・連歌で、表現などのこっけい・卑俗をねらいとするもの。

  1. 狂歌のこと。和歌を有心 (うしん) というのに対していう。

  1. 思慮に欠けること。気が利かないこと。また、そのさま。

    1. 「さること言はむ人、かへりて―ならむかし」〈・一三三〉

  1. 情趣を解する心がないこと。また、そのさま。無風流。

    1. 「―なる女房などの歌よみかけたる」〈無名抄

  1. 思いやりのないこと。また、そのさま。無情。

    1. 「―に心づきなくてやみなむと」〈・帚木〉

[名](スル) 人に金品をねだること。「親に金を無心する」

出典:青空文庫

出典:gooニュース