出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 尽きるところがないこと。限りがないこと。「縦横無尽」

  1. 口数を定めて加入者を集め、定期に一定額の掛け金を掛けさせ、一口ごとに抽籤または入札によって金品を給付するもの。→頼母子講 (たのもしこう) 

出典:青空文庫

出典:gooニュース