出典:デジタル大辞泉(小学館)

和歌連歌で、機知を主とした、こっけい・卑俗な風体。むしんてい。⇔有心体 (うしんたい) 

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉