出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][○|○|むず(んず)|むずる(んずる)|むずれ(んずれ)|○]《推量の助動詞「む」に格助詞「と」が付き、さらにサ変動詞「す」の付いた「むとす」の音変化》活用語の未然形に付く。
  1. 推量・予想の意を表す。…だろう。

    1. 「只今もれ聞こえて、天下の大事に及び候ひなんず」〈平家・一〉

    2. 「此の者世にあらば、…国土をも乱さんずる者なり」〈平治・上〉
  1. 意志・意向・決意を表す。しよう。…するつもりだ。

    1. 「われは、しかじかのことのありしかば、そこに建てむずるぞ」〈大鏡・道長上〉

  1. 適当・当然の意を表す。…するのがよい。…するべきだ。

    1. 「後の御孝養をこそ、よくよくせさせ給はんずれ」〈古活字本保元・中〉

  1. (主として連体形での用法)仮想・婉曲を表す。…としたら。…のような。

    1. 「さる所へまからむずるも、いみじくも侍らず」〈竹取

[補説]「む」とほぼ同様に、いくらか意味の強調された表現として用いられる。平安時代以降、主として会話文に用いられ、室町時代以降は「うず」に変化した。