出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]むすぼ・る[ラ下二]
  1. 結ばれて解けにくくなる。

    1. 「糸の―・れたように」〈中勘助・鳥の物語〉

  1. 水分などが凝固凝結する。

    1. 「夫人の長い睫毛 (まつげ) の先に幾粒かの露の玉が―・れて」〈谷崎・武州公秘話〉

  1. 心にわだかまる。

    1. 「日頃―・れて解けない胸中の疑問を」〈藤村破戒

  1. 関係をつくる。縁故になる。

    1. 「相構へてこのゆかりに―・れんとぞしける」〈長門本平家・一〉