出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 物事に熱中して我を忘れること。また、そのさま。「夢中で本を読む」「競馬に夢中になる」「無我夢中」

  1. 夢を見ている間。夢の中。

    1. 「多数は猶安眠の―にあり」〈独歩・愛弟通信〉

  1. 正気を失うこと。また、そのさま。

    1. 「余りの嬉しさに…―な程でした」〈若松訳・小公子

出典:gooニュース

出典:青空文庫