出典:デジタル大辞泉(小学館)

ジョージアの首都トビリシの北約20キロメートルにある古都。紀元前4世紀からイベリア王国の首都として栄えた。紀元4世紀にキリスト教を国教として受け入れ、5世紀には主教座が置かれて宗教都市として発展した。6世紀創建のジュバリ教会、11世紀に再建されたスベティツホベリ大聖堂などが残る。1994年に「ムツヘタの文化財群」として世界遺産(文化遺産)に登録。保全計画の不備を理由に2009年から2016年まで危機遺産とされた。