出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]行いが人の道にそむいていること。道理にはずれていること。また、そのさま。非道。「目に余る無道な仕打ち」「悪逆無道」