出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]むな・し[シク]
  1. 空虚である。内容がない。「―・い言葉」

  1. 無益である。むだである。かいがない。「―・く時が過ぎる」「奮闘―・く敗退する」

  1. かりそめである。はかない。「―・い世の中」

  1. (「己をむなしゅうする」などの形で)我欲・先入観などを捨てる。「心を―・くして対処する」→己を虚しゅうする

  1. 事実無根である。根拠がない。

    1. 「―・しき事にて人の御名やけがれむ」〈・少女〉

  1. 死んで魂がない。

    1. 「跡の妻子共、今一度―・しき貌 (かたち) をもさこそ見度く思ふらめとて」〈太平記・一六〉

[派生]むなしさ[名]

出典:青空文庫