出典:デジタル大辞泉(小学館)

《馳せたのがむだであったの意から》競馬 (くらべうま) で負けること。

「競馬をつかうまつりけるが、十度―をしたりけるを」〈著聞集・一六〉