出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《「蘊」「薀」とも、たくわえる意》
  1. 蓄えた深い学問や知識。「東西の古典に―が深い」

  1. 物を積み、蓄えておくこと。

    1. 「以て余力を―すべし」〈東海散士佳人之奇遇

出典:青空文庫