出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 衣服などに文様がないこと。無地。⇔有文 (うもん) 

  1. 和歌・連歌・俳諧で、表現が平淡なこと。また、そのような歌や句。⇔有文

    1. 「―なる歌のさはさはと詠みて」〈毎月抄

  1. 能楽で、平淡な中に心をうつ味わいのあること。⇔有文

    1. 「無風―なれども、その位、にほひ、影添ふ」〈六輪一露之記注〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉