出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 物を見る働きをする器官。光線・色などを感受して脳に送る感覚器官で、脊椎動物では眼球およびその付属器の涙腺などと視神経からなる。「澄んだ美しい―」「―をあける」

  1. 物を見るときの目つき。まなざし。「するどい―で見る」

  1. 物を見る能力。視力。「―が悪い」

  1. 見ること。見えること。「お―にかける」

  1. 注意して見ること。注目。「世間の―がこわい」

  1. 見分ける力。洞察力。「私の―に間違いはない」

  1. 見たときの印象。外観。「見た―がよくない」

  1. その者が出会ったありさま。体験。「つらい―にあう」「いい―を見る」

  1. 位置・形状などが1に似たもの。

    1. ㋐主要な点。物の中心。「台風の―」

    2. ㋑眼球の形をしたもの。「うおの―」

    3. ㋒縦・横の線などが交わってできるすきま。「網の―」「碁盤の―」

  1. 10 線状に1列に並んだものの間にできたすきまや凹凸。「櫛 (くし) の―」

  1. 11 のこぎりの歯や、やすり・すりばちなどの表面に付けた筋。「―立て」

  1. 12 賽 (さい) の面につけられた一から六までの点。また、振るなどして表れたその数。「賽の―」「いい―が出る」

  1. 13 囲碁で、連結が完全な石で囲んである空点。「―が二つで活 (いき) 」

  1. 14 物差し・はかりなどに数量を示すために付けたしるし。「はかりの―」

  1. 15 はかり・升などではかった量。重さ。「―が足りない」

  1. 16 木材の切り口に現れる年輪の線。木目 (もくめ) 。「―の粗い板」「正 (まさ) ―」

  1. 17 文様または紋所の名。方形またはひし形の中心に点を一つ打った形のもの。「五つ―」

[接尾]
  1. 数を表す語に付いて、その順序にあたる意を表す。「二番―」「一〇年―」

  1. 動詞の連用形に付いて、その状態にあること、また、その状態にあるところを表す。「弱り―」「落ち―」「結び―」「別れ―」「こげ―」

  1. 形容詞の語幹に付いて、そのような性質や傾向をもっている意を表す。「長―」「細―」

  1. 数を表す語に付いて、匁 (もんめ) の意を表す。「百―」「一貫―」