出典:デジタル大辞泉(小学館)

見方にかたよりがあって、適切な判断ができない。「身内が相手だと―・る」