出典:デジタル大辞泉(小学館)

そのものは目に入らずに、他のものに気をとられている状態をいう。

「御硯の墨すれと仰せらるるに、―にて、ただおはしますを」〈・二三〉