あか‐にし【赤×螺】 の意味

  1. アッキガイ科の巻き貝。殻高約15センチ。貝殻はこぶし状で厚く、表面は淡褐色、殻口の内側は朱赤色。暖海の砂泥地にすみ、カキやほかの貝を捕食。卵嚢 (らんのう) は「なぎなたほおずき」とよばれる。肉は食用、殻は貝細工にする。
  1. 《ふたを固く閉じた1を、金を握って離さないようすに見立てて》けちな人をあざけっていう語。
    • 「わたしへ割がたった一両、旦那 (だんな) も随分―だねえ」〈伎・上野初花