出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 氏名を記す帳簿。名簿。

  1. 律令制で、調雑徭 (ぞうよう) などの人頭税を課すために作製した帳簿。戸主から官に出した手実 (しゅじつ) と、国司が中央に報告した大計帳とがある。みょうちょう。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉