出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 個人の意志と運命の力との争い、あるいは運命に翻弄される人生の姿を主題とした演劇または劇文学。多くは主人公を破滅させ、悲惨な形で終わる。運命悲劇。

  1. 19世紀前半、ドイツ‐ロマン派作家によって創始され、運命の力を過大視した左翼的傾向をもった演劇。

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉