出典:デジタル大辞泉(小学館)

明暦3年(1657)正月、江戸本郷の本妙寺から出火、江戸城および江戸市街の大半を焼失した大火事。施餓鬼 (せがき) に焼いた振袖が火元といわれる。死者10万余、焼失町数800町といわれ、本所回向院 (えこういん) はその死者の霊を祭ったもの。振袖火事。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉