出典:デジタル大辞泉(小学館)

明和3年(1766)江戸幕府が尊王論者の山県大弐 (やまがただいに) 藤井右門らを謀反の疑いで捕らえ、翌年処刑した事件。関連して竹内式部八丈島に遠島となった。明和の変。