出典:デジタル大辞泉(小学館)

計量単位の国際統一のために、18世紀末フランスで作られた単位系。長さにメートル、質量にグラム、体積にリットル、面積にアールなどを用い、十進法を採用したもの。1960年以降は国際単位系(SI)に再統一されている。