• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あかね‐いろ【×茜色】例文一覧 1件

  1. ・・・ はや下ななつさがりだろう、日は函根の山の端に近寄ッて儀式とおり茜色の光線を吐き始めると末野はすこしずつ薄樺の隈を加えて、遠山も、毒でも飲んだかだんだんと紫になり、原の果てには夕暮の蒸発気がしきりに逃水をこしらえている。ころは秋。そここ・・・<山田美妙「武蔵野」青空文庫>