出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. とがめるはずのことを、わざと見逃すこと。大目に見ること。「不正を目溢しするわけにはいかない」「お目溢しを願い出る」

  1. 目溢 (こぼ) れ」に同じ。