出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]《「見 (め) す」と同語源。ごらんになるためにお呼び出しになるところから》
  1. 「人を呼び寄せる」「招く」「取り寄せる」「呼び出して任ずる」などの尊敬語。「神に―・される」

    1. 「御硯 (すずり) 急ぎ―・して」〈・帚木〉

    2. 「もろこしの判官に―・されて侍りける時に」〈古今・九九三・詞書〉
  1. 《「お取り寄せになる」意から》身にとり込む、身につける、また身体に関連する動作をいう。

    1. ㋐「食う」「飲む」「着る」「履く」「買う」また、「乗る」などの尊敬語。「お酒をたくさん―・しておられる」「和服を―・していらっしゃる」「花を―・しませ」「車にお―・しになる」

    2. ㋑「(風邪を)ひく」「(風呂に)はいる」「(気に)いる」「(年を)とる」などの意の尊敬語。「お風邪を―・す」「お年を―・した方」「お気に―・しましたか」

    3. ㋒「切腹する」の尊敬語。「お腹を―・す」

  1. 広く、「する」の尊敬語。なさる。→召される

  1. 《命令して、無理に呼び寄せる、取り寄せるところから》命によって捕らえる。また、お取り上げになる。現在、複合語に用いる。「―・し取る」「―・し上げる」

  1. (補助動詞)尊敬語動詞の連用形に付いて尊敬の意を強める。通常、一語化したものと認める。「しらしめす」「きこしめす」「おもほしめす」など。

出典:青空文庫