出典:デジタル大辞泉(小学館)

つまらないものでも、その仲間の一つには違いないことのたとえ。