出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 室町時代以降の武家の職名。室町初期、侍所 (さむらいどころ) 所司代の被官として置かれ、戦国期には戦陣の監察や敵の内情を探るのに当たった。江戸時代、幕府では若年寄に属し、旗本御家人の監察などに当たった。また、諸藩にも置かれた。横目。→大目付 (おおめつけ) 

  1. こっそり監視すること。また、その人。→御 (お) 目付け

    1. 「野にも山にも宿泊まりに―を付けてこれを見す」〈謡・熊坂

  1. 目印。目当て。

    1. 「屋根の上に鳶 (とび) の二つありしを―にしたりしが」〈咄・醒睡笑・一〉