出典:デジタル大辞泉(小学館)

イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の港湾都市。同島北東端に位置し、メッシーナ海峡に面する。イタリア本土と経済的に密接なつながりをもち、商工業が盛ん。紀元前8世紀に築かれた古代ギリシャの植民都市に起源し、続いてシラクサ、古代ローマに支配された。中世にはノルマン人支配の下、交易の要所として栄えた。地震が多く、特に1908年の大地震で多くの建物が倒壊・再建された。メッシーナ大聖堂、アヌンツィアータ‐デイ‐カタラーニ教会などの歴史的建造物が残っている。メッシナ。