出典:デジタル大辞泉(小学館)

寵愛 (ちょうあい) される盛りにあること。

「神 (かむ) ながら―に天の下奏 (まを) し給ひし家の子と選ひ給ひて」〈・八九四〉