め‐ど【目処/目途】 の意味

  1. 目指すところ。目当て。また、物事の見通し。「九月実施を―に細部を詰める」
  • 名詞

め‐ど【目処/目途】の慣用句

  1. 目処が立つ
    • 目処が付く」に同じ。「なかなか終了の―・たない」
  1. 目処が付く
    • 実現・解決などの見通しがつく。「完成の―・く」
  1. 目処を付ける
    • 見当をつける。見通しを立てる。「資金調達の―・ける」