出典:デジタル大辞泉(小学館)

紀元前433年に古代ギリシャの天文学者メトン(Metōn)により発見された暦学上の周期。235朔望月 (さくぼうげつ) と19太陽年とがほぼ等しいというもの。19太陰年閏 (うるう) 月を7回置くことによって、月の満ち欠けと季節の調和した太陰太陽暦ができるとした。