出典:デジタル大辞泉(小学館)

メキシコ東部、ユカタン州の都市。同州の州都。ユカタン半島北部に位置する。16世紀半ばにスペイン人のフランシスコ=デ=モンテホが建設。現在も州庁舎、人類学博物館、モンテホの家など、コロニアル様式の建物が残っている。サイザル麻の栽培が盛ん。周辺にウシュマルをはじめとするマヤ文明の遺跡が多く、観光拠点になっている。
ベネズエラ西部の高原都市。メリダ州の州都。アンデス山脈の北端、メリダ山脈中央部西麓に位置する。同国最高峰ボリーバル山をはじめ、標高5000メートル級の山々を望む。赤道近くの高原の気候のため、コーヒー豆の生産が盛ん。
スペイン西部、グアディアナ川北岸にある都市。ローマ帝国の植民都市としてオクタビアヌスにより築かれた。3世紀末には「小ローマ」とよばれるほど繁栄し、ローマ劇場、円形闘技場、ローマ水道橋、ディアナ神殿、トラヤヌス帝の凱旋門などの遺跡が残る。1993年「メリダの遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:gooニュース