出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 顔。「面のいいのを鼻にかける」

  1. 顔につけるかぶりもの。多くは人物・動物などの顔をかたどったもので、神楽舞楽狂言や、子供のおもちゃなどに使われる。仮面。面形 (おもてがた) 。おもて。

  1. 顔面または頭部を保護するためにつける防具。剣道の面頰 (めんぽお) 、野球の捕手がつけるマスクなど。

  1. 剣道の技の一。頭部を打つこと。

  1. 物の外側の、平らな広がり。表面。

  1. 数学で、が運動したときにできる、広がりはあるが厚さのない図形。平面曲面がある。「面に垂直な直線」

  1. 建築で、角材の稜角 (りょうかく) を削り落としてできる部分。切り面几帳面 (きちょうめん) など。

  1. 方面。「資金の面で援助する」

[接尾]助数詞。鏡・琵琶 (びわ) ・硯 (すずり) ・能面・仮面・碁盤など、平たいものを数えるのに用いる。「琴1面」「3面のテニスコート」
[補説]書名別項。→