出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古代、腰から下にまとった衣服の総称。

  1. 律令制の男子の礼服で、表袴 (うえのはかま) の上につけたもの。

  1. 平安時代以後の女房の装束で、表着 (うわぎ) 袿 (うちき) の上に、腰部から下の後方だけにまとった服。

  1. 僧侶が腰につける衣。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉