出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「易経」の一句「童蒙我に求む」による》中国、代の類書。3巻。李瀚 (りかん) 撰。「孫康映雪、車胤 (しゃいん) 聚蛍 (しゅうけい) 」のように、上代から南北朝までの有名人の逸話で類似の事跡を一対とし、4字句計569句の韻文で、8句ごとに韻を変える幼童用の教科書。日本には平安時代に伝わり、盛んに学ばれた。