出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 下位の者から上位の者へ、願い事などを書いて差し出す文書。中世には多く申し状とよばれた。奏文。

    1. 「入道殿下の御前に、―をたてまつるべきなり」〈大鏡・道長上〉

  1. 特に平安時代以後、官人が、叙任や官位の昇進を望むとき、その理由を書いて朝廷に上奏した文書。款状 (かんじょう) 。

    1. 「いみじうこほりたるに、―もてありく」〈・三〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉