• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

モーニング【morning】例文一覧 10件

  1. ・・・それに、借着をすれば、手間がはぶけて損料を払うだけでモーニングだとか紋附だとか――つまり実存主義は、戦後の混乱と不安の中にあるフランスの一つの思想的必然であります。このような文学こそ、新しい近代小説への道に努力せんとしている僕らのジェネレー・・・<織田作之助「猫と杓子について」青空文庫>
  2. ・・・中畑さんは国民服、北さんはモーニング。「はじめましょう、はじめましょう。」と中畑さんは気が早い。 その日の料理も、本式の会席膳で鯛なども附いていた。私は紋服を着せられた。記念の写真もうつした。「修治さん、ちょっと。」中畑さんは私・・・<太宰治「帰去来」青空文庫>
  3. ・・・妻君の妹が Good morning と答えた。吾輩も英語で Good morning といった。田中君はムシャムシャやっている。吾輩は Excuse me といって食卓の上にある手紙を開いた。「エッジヒル」夫人からこの十七日午後三時にゆる・・・<夏目漱石「倫敦消息」青空文庫>
  4. ・・・するとその男はモーニングでなくては教場へ出られないと云いますから、私はまだ事のきまらない先に、モーニングを誂らえてしまったのです。そのくせ学習院とはどこにある学校かよく知らなかったのだから、すこぶる変なものです。さていよいよモーニングが出来・・・<夏目漱石「私の個人主義」青空文庫>
  5. ・・・ さっきの親方のアーティストが麻のモーニングを着て、大きなフラスコを手にしてみんなを押し分けて立っていました。そのうちに二三人のアーティストたちは、押虫網でその小さな黄色な毒蛾をつかまえてしまいました。「ここだよ、ここだよ。早く。」・・・<宮沢賢治「ポラーノの広場」青空文庫>
  6. ・・・wer she has ! Cherish your heart, my dear “Chame”! How can I leave you ! I woke up early again this morning and felt “Ch・・・<宮本百合子「「黄銅時代」創作メモ」青空文庫>
  7. ・・・銅板に墨で住所氏名を書いた見本が並べられている。モーニングを着て老妻をつれた年寄の男が、紋付羽織の案内人にそこへ惰勢的に引こまれている。 小豆島の村にも八十八ヵ所のお札所があり、そこの第一番のお札所を建て直すとき、やっぱりこういう風に、・・・<宮本百合子「上林からの手紙」青空文庫>
  8. ・・・手入れの行届いたモーニングを着て、細身のケーンを持ちながら、日影のちらつく歩道の樹蔭を静かに行くのが彼の作品の後姿である。 去年の夏頃米国に来遊して間もなく“Saint's Progress”と云う四百頁余の長篇が出版されて六月から八月・・・<宮本百合子「最近悦ばれているものから」青空文庫>
  9. ・・・ R氏の家は、丁度市街に沿うてある細長いモーニングサイド公園に近いので、夕食後三十分か一時間も緩くりと散歩し、胃も頭も爽かになった時分に帰って、読書と、昼間書いた草稿を夫人に読んで聞かせ、忠言を得て字句の改正をする。夫人は、同じ灯の下で・・・<宮本百合子「男女交際より家庭生活へ」青空文庫>
  10. ・・・悠たりとしたモーニング・コートの姿である。その恰幅と潮風に鍛えられた喉にふさわしい低い幅のある荘重な音声で草稿にしたがって読まれる演説は、森として場内の隅々まで響いた。どことなしお国の訛が入る。 つづいて桜内蔵相。内容はともかくとしてや・・・<宮本百合子「待呆け議会風景」青空文庫>