出典:デジタル大辞泉(小学館)

《人の目に代わる意》

  1. 代理人。身代わり。

    1. 「立派な会社の―で運動するなら」〈魯庵社会百面相

  1. 平安・鎌倉時代の国守の代理人。国守の代わりに任国に赴いて執務する私的な代官。眼代 (がんだい) 。めしろ。

  1. 室町時代以降、代官のこと。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉